日本サッカーは “長沼マジック” で救われた・・・

画像先ほど終わったW杯アジア3次予選・vsオマーン戦に日本は3-0と快勝したが、その試合直前に訃報が飛び込んできていた。元日本サッカー協会会長で現日本サッカー協会最高顧問・長沼 健氏が肺炎のため77歳で死去した。
長沼さんと言えば、日本サッカーが 釜本邦茂 らを擁し戦った1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得した時の代表監督だったのが有名だが、自分にはその時の記憶は残念ながらまったくない。思い出されるのは、1997年のフランスW杯・アジア最終予選の時の 『加茂監督更迭』 の記者会見だ。一敗もできない状況に追い込まれていた日本が、カザフスタン(現在はUEFA=欧州サッカー連盟=に転籍)にロスタイムで同点に追いつかれ1-1で引き分けた後の夜、その会見は突然行なわれた。

「加茂監督を更迭して、岡田コーチに昇格してもらって・・・」
「流れを変えなければいけない、これが一番いい方法だ」


試合終了4時間半後の電撃更迭劇だった。長沼会長が淡々と原稿を読み上げるのを、「ウソだろ・・・」 とつぶやきながら聞いていたのをハッキリ憶えている。こんな時期に監督のクビを挿げ替えたって 「うまくいくわけないだろ」 としか思えなかったのも・・・。
しかし結果は、知っての通り、日本チームはその後見事に甦ってフランス行きを果たした。それは、ゴン中山北澤 豪 を急遽招集するなどチームのテコ入れに成功した岡田監督の手腕があったのをもちろん認めるが、自分はこの、まるで “ショック療法” のような突然の更迭劇で流れを変えた事によるところが大きかった・・・というより、それがすべてだったのではないかと思っている。
現代でこそ、そんな状況での監督更迭劇は日常茶飯事だが、当時の、特に日本のサッカーファンのアタマの中では “有りえない事” だったはずだから・・・。そう、そんな有りえない事・・・これが実は 『長沼マジック』 だったのだ。

日本サッカーを救った長沼さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アキラ
2008年06月03日 22:44
メキシコ五輪の記憶はおぼろげにあります。はい。フランス大会予選はドーハの悲劇を超えなければならなかったので「絶対」が求められていましたよね。サッカーは一番勝負論に厳しいスポーツなんじゃないかなと思います。
2008年06月03日 22:49
長沼さんって知らないなぁ・・・って、あのメキシコ五輪の監督さんでしたか。
ご冥福をお祈りします。

昨日のオマーン戦、本戦にとっておきたいくらいの好ゲームでしたね(~o~)
アキラ
2008年06月03日 22:57
あれ~。書きこみ失敗したとおもったら反映されていました。22:54のはみっともないので削除しちゃってください。すみません。
ボランチ@管理人
2008年06月04日 00:03
>アキラさん
フランスの時は、更迭劇の後、国立に戻ってきて、たしかUAE戦を引き分け、カズなどが生卵をぶつけられた暴動が起きた時点で完全にあきらめたのを記憶しています。
あれって、その時観戦に行ってた友人がいて、「すごく怖かった」って言ってました。
22:54のは消しておきましたが、22:57のはそのまま残しておきます。(笑)

>ぺんぎんさん
長沼さんって、川淵キャプテンなんかと比べるとちょっと地味でしたからね~。(笑)
オマーン戦、次のアウェイでも同じような戦いが出来ると良いんですが・・・。
アキラ
2008年06月04日 01:55
管理人さん、き・び・しぃ~。あのとき生卵だったんですか。色々物が飛んで凄かったですよね。川淵キャプテンは大阪枚方出身だったと思います。ガンバの試合も見に行きたいのですが土・日曜はダメなんですよね。TVでは映らない攻防は生でみたいです。
ボランチ@管理人
2008年06月04日 23:57
>アキラさん
別にアキラさんのカキコを晒し物にするつもりはないですよ~!
単に「消さなくてもいいや~」と思ったので。(笑)
キャプテンは枚方なんですね。昔、一度だけ行った事があります。
どんなところかは全然憶えてないんですが・・・観光で行ったわけではなかったので。
Jの試合は、先月フクアリでの「千葉vs大分」の試合を見に行く予定だったんですが、都合が悪くなって見に行けませんでした・・・。

この記事へのトラックバック