八百長まがい(?)のレコ大デキレース・・・

画像
本来、その年の一番ヒットした曲に与えられるべきものがレコード大賞だったはず。なのに、またEXILEなのはなぜ?
思えば夏ころから、「今年はEXILE」って世間では言われていたっけ。もうこれは事務所(avex)主導の明らかなデキレース・・・というか八百長だね。

いつから事務所の力が大きくなり、「受賞拒否」ならいざ知らず、受賞することにまで影響力を行使できるようになったんだろうか・・・。
昔は大ヒットした曲が外国曲っていうだけで対象から外されるなど、結構シビアにやっていたのに。そのせいで西城秀樹の「YOUNG MAN」や岩崎宏美「聖母たちのララバイ」なんかは本来大賞をとれるはずだったのに逃していたよ・・・。

まあその場所に出席できない(しない)ものにはあげられないというのはあるだろう。それに関しては多少なりとも理解できる。が、そうであれば、せめて出席している中から選ぶべき。それに従うと、受賞辞退・ジャニーズの嵐がいない今年は間違いなくAKB48だろう。まあ、握手券等の抱き合わせの“AKB商法”という、個人が何十枚もCDを買って売上が伸びるのには問題があるとは思うが、そんな悪徳商法(笑)にもついて行くファンを作ってしまうんだから、それはそれでスゴイことなんじゃないかと思うけど・・・。

..

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック