鬼畜・星島貴徳を “生き地獄” へ突き落とせ・・・

画像東京都江東区のマンションで、OLを帰宅を待ち伏せして殺した派遣社員・星島貴徳(33)が、警察の取り調べに対し、事件当日最初に警察官が聞き込みに来た時点ではOLを室内で監禁した状態だったが、その後、騒ぎが大きくなり、このままでは 『解放しても逮捕される。殺害してバラバラにするしかないと考えた』 と殺害を決意した経緯などを詳しく供述していることが分かった。
星島は 『次に警察官が来た場合、家の中を見られる』 と思い、OLを殺害して遺体を切断することを決意し、のOLの首を刺して殺害したという。供述では 『殺すつもりはなかったが、警察が捜査を始め、騒がしくなったので殺した』 と警察のせいとでも言いた気なものもあるらしい。たしかに当初からマンション内部での犯行が疑われていたこの事件。どの時点で、OLの部屋に残された星島の指紋を発見していたかによっては、任意段階での捜査に “問題あり” とされる部分もあるのだろうが・・・。
しかし、絶対にありえねーよ・・・この殺し方は・・・。信じれられないし、むごすぎる。OLさん、さぞ怖かったろうに・・・。以前の記事に書いた、行徳で起きた “市橋の事件” も自分にとって身近なものだったのだが、今回の事件も、昔、通勤にに京葉線を使っていた時にこのマンションの前を毎日通り過ぎていたはずだから(その時はマンションはなかったと思うが) 、別の意味でもまた身近に感じている・・・。
この後裁判が始まり、いざ判決となっても、今までの判例からすると死刑にはならないのだろうが、返ってコイツは簡単に死刑になんかするよりも、両手や両足をもいでやって、自由を奪い取り、そのまま一生ぶち込み、生き地獄を味合わせてやった方がいいんじゃないのか・・・とも思う。自分で 『もう死にたい』 と思うまでトコトン追い詰めてやって、それでも自分では自由が利かないから自殺すらできない・・・。こんな一生を送ってもらうしか、後悔・懺悔させる方法はないのではないか・・・。でもまあ、そんな感じでコイツに地獄を見させても、OLは戻ってこないという事実にとても大きい虚しさだけしか残らないのだろうが・・・。
このOLさんのご冥福を心からお祈りいたします・・・

"鬼畜・星島貴徳を “生き地獄” へ突き落とせ・・・" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント