テーマ:サッカー

ワールドカップ終了・・・(笑)

正直言って一番見たくない負け方でした・・・負けた気がしないので・・・。 PKになってしまうと、運ですからね・・・。 相変わらずこのゲームでも川島が当たっていたので、期待はしたんですけどね・・・。 個人的には、これじゃ2002年と同じ不完全燃焼のままじゃ・・・。 延長になり、このワールドカップシステムの象徴・阿部を外して、原点…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

決勝トーナメント進出決定!!!!!

なんか見ていて楽しい・・・というより“美しいサッカー”で、デンマークを一蹴してしまった。 岡ちゃん、いままでいろいろとヒドい事を言ってスミマセンでした…。 このままベスト4へ突き進むのを信じようかと思います。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

デンマーク戦に希望を・・・

最後のパワープレイでは、贔屓目で見れば相手を圧倒した感があったオランダ戦。 セルジオ越後も言っていたが、この攻撃をもっと早い段階から仕掛ければ、また違う流れになったのかも・・・。まあホントにケチョンケチョンにされたかもだが~。(笑) まあデンマーク戦に希望を持ちましょう~。同じような展開に持っていければ必ず勝てるさ!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南アW杯、背番号発表・・・

選手の背番号が発表されたので一応書いておこうかと・・・。 《GK》 1楢崎正剛/21川島永嗣/23川口能活 《DF》 22中澤佑二/4田中マルクス闘莉王/6内田篤人/5長友佑都/ 3駒野友一/13岩政大樹/15今野泰幸 《MF》 10中村俊輔/7遠藤保仁/17長谷部誠/18本田圭佑/ 8松井大輔/2阿部勇樹/…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

こっそり更新・・・

そろそろワールドカップも近いという事で、こちらのブログもこっそり更新でもしておこうかと。(笑) おそらくアメブロの方はもうやめて、ブログはこちら一本に絞っていこうかと思っている今日この頃です・・・。 でも更新頻度がとっても低いのは相変わらずでしょうが・・・。(爆)
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

南アW杯“マジック1”も、松坂・岩隅・ダルはおらず・・・

2010年南アフリカW杯アジア地区最終予選A組で、日本がWBCにおける韓国ような宿敵になりつつあったバーレーンを1-0で破り、カタールがウズベキスタンに敗れたため、日本は次戦6月6日のウズベキスタン戦(アウェイ)に勝てば、W杯の4大会連続が決まるところまでこぎつけた。 思えば、前回ドイツ大会予選のジーコジャパンの時より苦しんだ感があっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人もボールも“動かされる”サッカーでは虚しすぎる・・・

日本vsオーストラリア戦、ご存知のように引き分けましたが、まあこれで、W杯には余程の事がない限り、まず行けるでしょうけど、何とも内容が・・・。で、感じた事、言いたい事はこちら、セルジオ越後の『ちゃんとサッカーしなさい』 で、セルジオ越後がすべて言ってくれていた。 「おまえら勝つ気あるのかよ!」 「W杯で負けるトコ見たくないよ、勝つトコ見…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アジア杯予選『バーレーンvs日本』ネット配信決定・・・

オイルマネーが尽きたのか、バーレーン協会がテレビ中継権料に莫大な大金を吹っかけてきて、テレビ放送が不可能になっていた、アジアカップ最終予選「バーレーンvs日本」が、『livesports』 サイトで生中継ネット配信される事になったそうな。 視聴に315円掛かってしまうが、どうしても見たい人に朗報。ただの予選だったら、見れても見れなくて…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

なでしこ、奇跡の蘇生・・・

こんな事が起こりえるのか・・・。がけっぷちに追い詰められていたなでしこジャパンが、なんと元世界チャンピオンのノルウェーに「5-1」と大勝し、見事、グループリーグを突破してしまった。 オウンゴールや、相手DFの足に当たってコースが変わったなどラッキーがあったとはいえ、この大量得点は信じられないところ。まさに『奇跡の蘇生』とでもいえるだろ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

反町ジャパンから、オグシオに移行・・・(笑)

サッカーは、反町ジャパンがナイジェリアにも惨敗し、もうどうでも良くなった感じ。いかんせん、どの選手もボールを持ったときの判断が遅すぎる。特にナイジェリアはどこからでも長い足が出てくるので、特にその点を考えないといけないのに・・・。あと、普段からJリーグの試合を良いピッチの上でやり過ぎなんだと思う。この試合でも、ピッチ上で滑るのは日本ばか…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

やっちゃった・・・なでしこジャパン

北京五輪、開会式に先立ってサッカーが始まり、『日本vsニュージーランド』 が行なわれた。 結果は、ひとことで言うと、やはり 「やっちゃった…」 というところか。楽勝とまでは言わないが、確実に勝てる相手に取りこぼしてしまった。 前半、相当固くなっていたのか、得意のパスサッカーが見られず、仕方なくロングボールを放り込んでも、簡単にはね返…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

“ミラクル”トルコ、4度目無く散る・・・

サッカーの欧州選手権 「EURO2008」 の準決勝 『ドイツvsトルコ』は、ドイツが後半終了間際の劇的ゴールで、今大会の台風の目になっていたトルコを 「3-2」 で下し、決勝へコマを進めた。 勝つには勝ったドイツだったが、試合は完全にトルコの “ミラクル” ペース。開始直後からトルコの先制アタックが続き、ドイツは守勢一方。そして前半…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

大久保嘉人か・・・ささやき女将か・・・

W杯アジア3次予選でオマーンと対戦した日本代表。酷暑のアウェイで、0-1の劣勢から辛うじて追いつき、最低目標の引き分けに持ち込んだ。だが、後半29分にFW・大久保嘉人(ヴィッセル神戸)が相手のGKに蹴りを入れて一発レッド。その後、日本代表は攻撃の要をひとり失った状態で戦わなくなった。幸い、相手選手もMF・松井大輔(仏・サンテティエンヌ)…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

日本サッカーは “長沼マジック” で救われた・・・

先ほど終わったW杯アジア3次予選・vsオマーン戦に日本は3-0と快勝したが、その試合直前に訃報が飛び込んできていた。元日本サッカー協会会長で現日本サッカー協会最高顧問・長沼 健氏が肺炎のため77歳で死去した。 長沼さんと言えば、日本サッカーが 釜本邦茂 らを擁し戦った1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得した時の代表監督だったのが有…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

狂ったIOCの “ヤタガラス禁止”・・・

どうにもわけのわからない話だ。 FIFA(国際サッカー連盟)ではなく、IOC(国際オリンピック委員会)が、世界各国のサッカー代表チームの胸に必ず付けているエンブレムに関して、『FIFAあるいは各国サッカー協会の “商業行為” に繋がるとして、オリンピックでの使用を一切認めない』 と言い出してきた。 本来、五輪サッカーを “世界一を決…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本代表、とうとう “死のグループ” へ・・・

北京五輪・男子サッカーの組み合わせ抽選会が行われ、日本代表はオランダ、ナイジェリア、米国と同じ組のグループBに組み込まれた。 イヤー、とうとういわゆる 『死のグループ』 に入ってしまった感じか・・・。米国がやや力が落ちる感じだが、それでも日本とほぼ互角の実力と思われる。 オランダとは五輪直前の5月にフランスで行なわれる 『トゥーロン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

岡ちゃん、“3バックの当て外れ” が 誤審 呼ぶ・・・?

W杯アジア3次予選 「バーレーンvs日本」。 まあ “ハンドの誤審” はあったけども、そんなのは結果論として、結局は いきなり “3バック” に戻して(?)しまった時点で、岡ちゃんの当てが見事に外れたという事か・・・。バーレーンはその岡田ジャパンの裏をかいたかのようなゴール前を固めてのカウンター戦法。そんなカウンター狙いの相手にも、前…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

なでしこ見事な仇討ちも、アジアサッカーの危機・・・

前日、男子が不完全燃焼の形で王座を逃したこの日、見事に女子 “なでしこジャパン” が、北朝鮮、韓国、中国と3連勝で、女子の公式大会では史上初となる優勝を飾った。 大会MVPに司令塔・澤、得点王には大野が輝き、日本チームはフェアプレー賞も受賞。フェアプレーといえば、この日の女子の 『日本vs中国』 でも中国女子選手の酷い反則を見てしまっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国人の “毒入餃子” サッカー・・・

東アジア選手権「日本vs中国」。まあどうしようもない・・・といったところだろうか。 サッカーしてるんだか、相手をケガさせようとしてるんだか・・・。中東の笛ならず “中国の笛” とでも言いたくなるような審判(中国人セットだったのか?)の不可解判定の続出もそれを後押ししているかのよう・・・。 安田(G大阪)をあんなにしちゃって、どうしてく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

“小野伸二の逆襲” はドイツから始まる・・・

浦和レッズからドイツ1部リーグ・ブンデスリーガのボーフムへ移籍した小野伸二が、初戦の2アシストデビューに続き、2試合目もFKで得点の起点になり、これ以上ない形で 『欧州挑戦第2章』 をスタートさせた。 特に逆転勝ちした初戦のヴェルダー・ブレーメン戦は、クラブ史上初となる、敵地での強豪・ブレーメン戦の初勝利となった。この試合、1点リード…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡田ジャパン、0-0の船出・・・

岡田ジャパンの初戦、「日本vsチリ」は0-0のスコアレスドローに終わった。 オシムジャパンでは時期尚早として封印した “1ボランチ” の攻撃的布陣で臨んだが、前半はほとんど形を作れず、スタンドに目立つ空席同様お寒い内容となってしまった。唯一8分に、相手にプレスした後、素早いパスワークで一気にゴール前に攻め入っていたのが見せ場だったが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜Fマリノス、“8年30億円”の新ユニフォーム・・・

先日の記事で日本代表の新ユニフォームについて書いたが、Jリーグのチームでも今年度の新デザインのユニフォームの発表が始まっている。 1月19日には横浜Fマリノスでも新デザインがお披露目されたが、それを見てビックリ! 日産自動車時代から長年親しまれてきた 『アディダス』 を見捨てて(?)、なんと “ナイキデザイン” のユニフォームに変わっ…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

岡田ジャパン新ユニフォーム!

昨年末頃に、フライングで公開してしまったという事が話題になっていたが、今回、その画像(HOME用)を拾ってきたので、ここで紹介したいと思う。 全体的にシンプルな造りだが、今回は前面に黄色のピンストライプを入れ、襟や袖にも黄色を使っている。最近、黄色は一切使ってなかったと思うので、色彩的(?)にはちょっと違和感があるのは否めないところ・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

速報!南アW杯・アジア3次予選組合せ抽選

先ほど、アジア地区3次予選の組合せ抽選が行われた。 日本はグループ2に組み入れられ、バーレーン、オマーン、タイ と同組になった。他組の詳細も下記の通り。 アジア3次予選は来年2008年2月から9月にかけて、“ホーム&アウェイ” で行われ、各グループ上位2位までに入った国が 『アジア地区最終予選』 に進出する。 ★Group1:…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オシム監督が・・・

サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督が脳梗塞で倒れたとの事。先の記事にも書いたが、先週7日にU-22の練習試合で見かけた時は、気さくにサインに応じていて元気そうだったのに・・・。 ←はその時に撮った写真。 会見した川淵キャプテンの様子を見ると、かなり重病だという事は誰の目にも明らか・・・。たとえこの後、病気が完治しても、おそらく代…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

浦和レッズ、アジア王者でクラブW杯へ

AFCアジアチャンピオンズリーグ決勝で、浦和レッズがセパハン(イラン)を破って優勝の栄冠に輝いた。日本勢としては、2002年に現行の制度になって以来、待望の初V。これによって、12月に日本で行われる 『FIFAクラブワールドカップ』 にアジア代表として出場する事が確定し、2回戦で「セパハンvsワイタケレ・ユナイテッド(オセアニア代表)」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

反町ジャパン 緊急合宿を見て・・・

今日ちょっと時間があいたので、順天堂大との練習試合を見てきたのだが、結果は 「0-0」 のスコアレスドロー。 攻撃は、シュートを打つ場面が極端に少なく、クロスの精度も低すぎて、「形」がまったく作れず…。守備でも、大学生に何度か決定的場面を作られるなど、かなりの不安を残した。個人的には、残り2試合で大量点を奪って勝つのは難しい感じか。し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浦和レッズで素敵な時代 『昭和』 を取り戻せる・・・?

AFCアジアチャンピオンズリーグ準決勝で、浦和レッズが城南一和(韓国)を延長PK戦の末に下し、決勝進出を決めた。 2003年から始まったアジアチャンピオンズリーグとしては、日本勢初・悲願の決勝進出。今までは、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノス、ガンバ大阪 などJリーグ優勝&天皇杯優勝チームがことごとくグループリーグで敗退してきた経緯が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

話にならないPK・・・

サッカーの北京五輪アジア最終予選 『カタールvs日本』。あんなものをあの時間帯にファールでPKを取られては、もうどうしようもない。あの主審はそれまで、かなり流していたくせに、最後にやってくれた。故意に手に当てたわけではないし、そのまま決定的なチャンスになるわけでもないし、もう理由がわからない・・・。 まあ、立ち上がりからの決定的なチャ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中国じゃ何やるのにもまだまだムリ・・・。

日本、ボツワナ(アフリカ)、北朝鮮、ホスト国・中国が参加したサッカーU-22(五輪代表)の4ヶ国対抗戦が今日まで中国で行われていた。 結果は、日本は3位で優勝を逃した(優勝は中国?見ていないから不明)が、まあそんな事は最初からどうでもよくて、問題はこの大会の運営につきる。日本vs中国戦の後には、日本人サポーターにケンカを売る中国人がや…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more