テーマ:ボクシング

亀田兄弟そろってKOも、世界は遠い?・・・

久々にこの兄弟の試合を見た。練習は人一倍するようだから、たしかに以前より2人とも強くなってるとは思うが、いかんせん興毅の相手、ドローレス・ビダル(メキシコ)は、WBCフライ級20位というだけあって、パンチにもスピードはまったく感じなかったし、結果もあんな感じで、とても “世界前哨戦” というにはお寒い内容・試合だった。 大毅の相手、ワ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

“かませ犬” に勝利の亀田興毅、内藤に年内挑戦へ・・・

亀田興毅の昨年7月以来8ヶ月ぶりのノンタイトルの復帰戦が行われたが、見事見るのを忘れた・・・。まあ興毅が勝つのはわかってはいたが・・・。(笑) 相手は、ライトフライ級13位のレクソン・フローレス。見た人の話ではやはり “かませ犬” っぽかったようだ。まあそれ以前に、フライ級の興毅に対してフローレンスは1階級下だし・・・。こんな試合組む…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

内藤大助、ドロー防衛・・・次戦は坂田か興毅か?

ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチが両国国技館で行われ、チャンピオンの内藤大助は、前王者で同級1位のポンサクレック(タイ)と12回判定で引き分けながらも2度目の防衛を果たした。 “あの” 亀田大毅戦後注目の試合だったが、内藤は冷静な試合運びで接戦を制した。試合序盤は、トリッキーな動きでポンサクレックを幻惑しながらも大きく振り…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

やはり 『ゴキブリ以下』 だった亀田大毅

注目する人は注目していた(笑)、ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ『内藤大助vs亀田大毅』は、大方の予想通り王者・内藤の勝利、初防衛成功に終わった。 “ボクシング界のエリカ様” 亀田家の次男・大毅は、15歳上の内藤を「ゴキブリ」と吐き捨てるなど、以前にもましてのビッグマウスぶりだったが内藤に完敗、その内藤が言い返したように文…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more